友達は少なくていい。人間関係は小さくていい。

人間関係

 

人間関係で疲れてしまうこと、ないですか。

 

なんとなくで参加する飲み会。
友人からの誘い。
職場や学校での付き合い。

 

せっかく誘われているから、断れない。
せっかく誘ってくれてるから、断るのも悪い。

 

本当は、一人の時間が欲しかったけど
嫌われるの、イヤだな。

 

本当はゆっくりしたかったけど
付き合いが悪くなったら、イヤだな。

 

友達は大切にしよう。
僕たちは小さい頃から学校でそう言われて育ってきました。

 

持つべきものは友だ。
なんだか感動する漫画やドラマには、そんなメッセージ性を感じました。

 

友達は大切にしないと。
本当に自分が楽しいかどうか、はおいといて。

 


友人を大切にする前に・・・

 

「友人を大切にしろ。」
「仲間を大切にしろ。」
僕たちは学校でそう言われて育ってきました。

 

だから、自分を犠牲にしてまで
人に嫌われないように、一生懸命自分をすり減らしている人

多いのかもしれません。

 

そんな人を見ると、思う事があります。

 

『友人を大切にする』前に
『自分を大切にする』事ができていないんじゃないかって。



自分を大切にできるのは、自分だけ。

 

本当はゆっくりしたかった。
本当は一人で過ごしたかった。

 

そんな気持ちを押し殺さないと継続できない関係を
果たして友人関係と呼ぶでしょうか。

 

あなたの本当の想いは、誰が守ってくれるのでしょう。

 

自分よりも、他人を優先する。
優先されなかった自分の想いは、どこへ行くのでしょう。

 

自分よりも他人を優先する人は
他人に自分の想いを汲んで欲しいと期待をしてしまいます。

 

相手に期待をしてしまうと、期待通りの反応が帰ってこなかった時に
ついつい相手を責めてしまったり、がっかりしてしまいます。

 

人間関係が、少しずつしんどくなっていきます。
それでも他人を優先してしまうので、その関係を無理に続けようとしてしまいます。

 


最終的には相手を優先したはずなのに、優先した相手と険悪になってしまう。
他人を優先してしまう人の人間関係の相談は
ほとんどこのケースです。

 

せっかく優しい心を持っているのに。
本人も周りの人も幸せになれません。

 

 

友達は少なくていい。

 

『友人を大切にする』人にはたくさんの友人がいます。
だけど、大切にできる友人の数には限りがあります。

 

自分のキャパシティーを超えて友人を大切にするには
自分を犠牲にするしかないのです。

 

無理をしないと継続できない友人関係が
あなたの人生を濃くしてくれるとは思えません。 

 

本当に大切な相手は
あなた自身のことを価値だと思っていてくれるはずです。

 
あなたが無理をしなくても、「乗り気ではない」と断っても
あなたから離れることはないでしょう。

 

友達は、少なくていいのです。

 


僕も友達は少ない方です。
両の手で事足りるくらい。

 

僕の友人たちは、僕がどんな決断をしようと
どんな職業に就こうと、友人でい続けてくれた人たちです。
彼らと一緒にいると、心から充実感を感じる事ができます。

 

本当の友人は、何があってもあなたから離れていきません。
だから無理しなくて大丈夫です。

 

あなたの選択ひとつで縁が切れてしまう人たちからは
さっさと縁が切れてしまった方がいいのです。

 

大切にできるものだけを大切にする。

 

僕たち人間は、社会を作る事で生き残ってきた種族です。

 

将来に不安があればあるほど
自分の生活に不満があればあるほど
僕たちは人との関係性を繋いでおこうと思うのかもしれません。

 

情報に溢れた、豊かなこの時代で本当に必要なのは
無理して繋いでおく関係性よりも
本当に心の安らぎをくれる深いつながりなのかもしれません。

 

まずは、自分を大切にする。
そして、自分を大切にしながら、大切にできる少しの人を心から大切にする。

 

それが今の『情報化社会』を幸せに生きるコツなのではないかなと
僕は思っています。

このブログを書いている人

倉田直人(くらたなおと)

報われない頑張り屋さんを応援するメンタルコーチ。


『他人と比較する生き方から、自分の世界観を突き進む生き方へ』をテーマに対話を提供する。元セミプロのアスリート。選手をやめてから、日払いで稼いだ10万円を握りしめ上京。コーチとして起業をし、東京での生活も3年目。
どうせやるなら、うまくいった方がええやんね。
詳しいプロフィールはこちら



コメント

タイトルとURLをコピーしました