おはなし屋のプロフィール


初めまして!倉田と申します!

当ブログを執筆しています
おはなし屋 倉田直人(くらたなおと)と申します。



対話を通して『本当の想いを言葉にする』コーチングで
人の人生をサポートする仕事をしています。



このブログは、僕だからこそ貢献できるあなたに向けて
メッセージを届けるつもりで書いています。



自分の人生、うまくいってもいかなくてもいい。
追い求めてもいい。のんびり歩いてもいい。
好きな方向に好きなように走っていい。時には止まってもいい。
どんな人生だって、自分で選んでいい。



僕自身が僕のコーチやこれまでのクライアントさん、
出会ってきたたくさんの人との対話を繰り返して
心から思っていることです。


僕はこのブログを通じて、僕を必要としてくれる人と関わりたい。
僕が僕らしく生きてきたこの人生で、役に立てる人に出会いたい。



あなたとの距離が遠くても近くてもいい。
僕が僕らしく生きたことであなたの役に立ちたい。



そんな想いで文字を綴っています。
少し僕のことを紹介させてください。

最後倉田らしかったね、って葬式で言われるのが目標です



おはなし屋の仕事は、何よりおはなしすること!

僕の1番の仕事は、人とおはなしすることです。
専門的には、ライフコーチングという分野になります。

ここ数年で日本でもコーチングという言葉を耳にすることが
少しずつ増えてきたような感覚がありますが
まだまだコーチングの認知度自体は高くない印象があります。

■コーチングとは?

プロフェッショナル・コーチングとは、コーチとしての専門的なトレーニングを受けたコーチとクライアントと呼ばれる個人(またはチーム)が目標を設定し、成果を達成していくためのパートナーシップです。 

日本コーチ協会 https://www.coach.or.jp/about/faq.html

一般的にコーチングというと

・ビジネスコーチング
・スポーツコーチング
・恋愛コーチング

などの特定の分野においての目的達成のサポートをすることが多い印象です。



僕の専門分野であるライフコーチングは
『生き方』『あり方』にフォーカスをしたコーチングです。
ライフコーチングは、人生の目的を達成するためのコーチングです。

 

 

人生の目的を達成すること
➡︎すなわち死ぬことについて考えることになります。

 

僕はライフコーチングのこの部分がたまらなく好きです。
終わりがあるから僕たちは本気になれるんです。

 

 

自分の人生に納得がいっていない人がいるとして。
自分自身やこの世界そのものに不満をたくさん抱えている人がいるとして。

 

そんな人たちが、自分の人生に終わりが100%来ると
本当に理解しているでしょうか?

 

若くして亡くなってしまう命も少なくないのです。
どこかのタイミングで、フッっと人生が終わってしまう可能性だって
絶対にゼロだとは言えません。

一生懸命何かに打ち込んだところで
何かを達成できるかどうかなんて誰にもわかりません。
どれだけ自分を信じていようが自信があろうが
他者から賞賛の得られる結果が出せるかどうかなんてわかりません

 

それでも、僕たちはこの世に生まれ、いまこの瞬間を生きています。
僕のこの文章を読んでくれているあなたには
あなたの人生について真剣に考える程度の余裕があるはずです。

 

 

終わりを考えるからこそ
いま、この瞬間を全力で生きることができる。
自分は死に向かっている

全力で生きるから、自分の持っているものを総動員しようとする。
全力で自分のやりたいことに向かっていける。
自分にできることで全力を尽くす

だからこそ、自分らしい生き方になる。
自分らしい努力で、自分らしい結果が出る。
プロセス自体が生き様になる

 

 


そんな生き方を提供するために
僕は人とおはなししています。

僕のライフコーチングについてはこちらのページにも詳しく載せています。
お問い合わせや申し込みはこちらからお願いします。



僕は僕のまま、人の役に立ちたい。

僕は今、僕が僕であることで
役に立てる人の役に立つ事を考えて生きています。

 

ライフコーチングも、おはなし屋も、このブログもそうです。
着飾らないありのままの僕を必要としてくれる人に
価値だと思うものを届けたい。

 
そんな生き方を
僕は僕の意思で選びました。

僕が大切にできる人を大切にする。
僕は4年前まで、そんな生き方とは真逆の世界にいたのです。

 

僕に興味を持ってくれて、このページを見にきてくれたあなたに
伝えたいことはたった一つなんです。

 

生き方は自分で選べるということ
それをお伝えするために、少し僕の昔話をしますね。

 


結果が全ての世界にいた実業団選手時代


僕は3年半前まで、地元の福岡県のある実業団で
アスリートをしていました。
僕の仕事は、勝負に勝って会社の名前を広告すること。

アスリート時代の倉田。
体重は120kgの重量級アスリートでした。
レジェンドが引退した日、僕もそこにいました。

 

僕の競技を応援してくれる人が沢山いました。
僕の卒業した大学は、僕に練習場所をくれました。
僕の入った会社は、僕が競技をするためにお金を出してくれました。

 

たくさんの人に支えられながら
大好きなスポーツを続けられるという最高な環境で
僕は生きていました。

 

それなのに、僕のパフォーマンスは落ちる一方でした。
大学生の頃に勝てていた相手にすら勝てなくなりました。

 

勝てないプロ。それは仕事を全うできていないということです。
だんだん肩身が狭くなっていきます。
もちろん風当たりも強くなっていきます。批判もされます。当然です。

 

僕は周りの人から責められるよりもずっと
僕自身のことを責めて責めて責めまくっていました。

「ここまでやってもらっていて、結果を出せないなんて情けない・・・」
「アスリートとして生きる資格がない・・・」
「今の自分に価値なんてない・・・」

当時の練習日誌。自分を責める言葉が並ぶ。
ご丁寧にアンダーラインまで引いて・・笑



僕は必死になって練習を積みました。
そして自己ベストを出しました。少し安心しました。
当時に僕の考える、少しは価値のある人間になれました。


社会人1年目のシーズンがそのまま終わり
社会人2年目に向けた準備に取り掛かろうとした時に
僕は一人のコーチと知り合うことになりました。

 

試合に勝てるメンタルが欲しかった


社会人1年目のシーズンオフを迎え
やっと落ち着いてきた2015年11月。

通っている整骨院の先生から
初めてコーチングという言葉を聞くことになります。

 

俺の昔からの友人に、コーチングのプロがいるんだ。
メンタルに課題のある君の事を彼に習いながらサポートしてきたけど、君の本気度をみていると習いながら教えるのは失礼な気がしてきたんだ。
本人を紹介するから、会ってみないか?

 

なんとしても勝利が欲しかった僕は、二つ返事でOKしました。
そして僕は今現在も僕のコーチである
戸田徹さんと会うことになったのです。

 

まさかこの出会いが、勝利を掴むどころか競技自体を辞め、東京へ出て起業するきっかけになるとは思いもしない四年前の僕なのでした。


コーチは僕に、同じ事を何度も何度も質問した。

 

コーチと初めて会ったのは
コーチと僕を繋げてくれた整骨院の中。

整骨院の先生は、僕たちが出会う場所をセッティングするために
夕方からの治療の予定を空にして、場所まで確保してくれたのです。

 

整骨院でセッションを行うコーチ(右)
4年前の僕もこんな風にコーチと
セッションをしました。


初めて出会ったコーチと力強く握手をして、早速対話が始まりました。
僕はここで、初めて自分の本当の言葉にする体験をしたのです。

 

「倉田さんは、ハンマー投げで何を表現したいんですか?」

 

コーチは僕に聞きました。
僕はそんな事、今まで一度も言葉にしたことがありませんでした。
 

僕は戸惑いました。言葉に詰まりました。


「えっと・・・」


しどろもどろになりながら、対話は深まって行きました。
この日を境に、僕は自分の事を自分の言葉で表現するようになったのです。

コーチは何度も何度も僕に聞きました。
時に表現を変えて。時に声色を変えて。
何度も何度も同じ事を聞きました。

 

「倉田さん、本当はどうしたいんですか?」

 

コーチとの対話は、この日から月に一度のペースで続きました。
冬が明け春になり、社会人2年目のシーズンが始まったのでした。

 

自分の事だけに集中できるようになった結果・・・

コーチである戸田徹さん(以下徹さん)との対話を繰り返す中で
僕は自分が大切にしてきた事を言葉で表現できるようになってきました。

競技のパフォーマンスを上げるために始まったコーチングでしたが
競技を通して自分の想いを言語化する作業をずっと続けていきました。

例えば・・

  • 自分を表現する事が好き
  • 競うよりも一緒に高め合う方が好き
  • 楽しみながら結果を出す方がパフォーマンスが高い
  • 周りを巻き込んで行くことが得意
  • 人に何かを伝えることが得意

 

一つ一つ自分の想いや好きなこと・得意なことを
言葉にしながら自分の競技と向き合って行きました。

 

そこからは、自分を責める事が無くなりました。
考え方を変えた事で
今までのように練習量をひたすら積む事もなくなりました。

 

スタイルを変えたので、一時的に一気にパフォーマンスが落ちました。
ですがそこからは
満足のいかない試合をすることがほとんどなくなりました。
 

試合で相手に負けても、何も思わなくなりました。
僕がその時の僕のパフォーマンスをどれだけできるか
それだけに集中するようになったのです。
 

うまくいきそうな感覚がしたその頃、大きな問題が発生しました。
問題が発生したというよりも
大きな問題に気づいてしまいましたと言うべきか。
 
この問題が僕に、競技者引退の決断をさせることになったのです。

もう大切な人たちに嘘をつけません。

 

僕は今まで

「できます!」「頑張ります!」「期待に応えます!」
「勝ちたいんです!」「オリンピックに出ます!!」


そう言って応援してもらった結果、環境を整えてもらっていました。

僕は気づいてしまったんです。
僕はただハンマー投げが好きなだけだったって。
自分の表現をハンマー投げを通してするのが好きだったって。

 

僕は、勝ちたかったわけじゃなかったんです。
ただ大好きなものを続けていたかった。
 

でも僕は『競技としての勝利』を会社に売って
収入を得て生活をしていたのです。

 

負けた試合の後、応援してくれていた人たちに報告の電話をします。
みんな言ってくれます。


「惜しかったな!次は頑張れよ!」

「お前ならできるぞ!応援してるからな!」



夏も終わり肌寒くなってきた秋の始まりにあった全日本実業団選手権。
記録は自己記録に全く及びませんでした。
だけど僕はいい試合ができたって思いました。

思ってしまいました。
 

僕は、今の環境にはもう居られないなって思いました。
勝利を売ってお金を稼いでいる僕が、負けて満足してしまったのです。

 

世話になった人たちへの報告の電話が、僕にはかけられませんでした。
なんて言っていいのか、全くわかりませんでした。手が震えました。


 

きっと、ここで嘘でも「次頑張ります!」なんて言ってれば
まだまだ長い間選手を続けられたんだと思います。
結果が出るのも時間の問題だったんだと思います。

 

だけど僕は、そこで「頑張ります!」と言えませんでした。
それほど僕は応援してくれた人たちに感謝していたんです。
嘘なんてつけませんでした。
 

僕はこの試合の次の日、実業団を辞めることを報告しました。
僕はもう人のために投げる事ができない事。
実業団選手として期待に応えられない事。

 

多分うまく伝えられなかったと思います。
いろんな人からたくさんお叱りも受けました。
電話が毎日鳴りっぱなしでした。


それでもお世話になった人たちに
「次も頑張ります!」って嘘をついて競技を続ける事の方が
僕にとっては不誠実な事だったから。

そうやって僕は実業団を辞め、失業をするに至ります。
 

こうして僕は
人生で一番時間を使ってきた環境と
人生で一番熱中したスポーツを手放す事になりました。

 

本当に大切なものだけ手に持って歩けばいい。


僕の心には微塵も後悔はありませんでした。
僕は、僕がありのままでいる事で悲しむ人や
憤る人をもう見たくなかった
のです。

 

僕はその時、心に決めました。
僕がありのままで生きる事で、喜ぶ人たちと生きていきたい。
僕がありのままで役に立てる人に役に立って、生きていきたい。

 

無理をして、自分を一生懸命抑えて、努力をして。
でも無理をして掴んだものは無理をし続けないと離れていきます。

 

自分らしい生き方を選択したら
らしくない自分が掴んだものや環境は
手から離れていくかもしれません。
(僕ほど派手な事になることは少ないと思いますが・・・)

 

それでも僕は、全てを手放すと決めたあの日から一度も後悔していません。
全てを失うつもりで選択をした僕でしたが
手から離れて行かなかった数人の友人と家族、彼女だけが残りました。
 

僕はこの人たちを大切にしていきていこうと心に決めました。


その時の彼女はお嫁さんになりました。
僕の結婚式には離れて行かなかった仲間達が駆けつけてくれました。

僕から離れて行かないでくれた人たち。その時ずっと支えてくれた嫁さんとの結婚式をみんなで祝いに来てくれました。
左下二人が整骨院の先生と徹さん(コーチ)。


昔みたいに、誰もが僕を見て賞賛するなんてことはありません。
誰かが自分のことのように僕に期待を寄せることもありません。

だけど僕は今、自分がありのまま存在するだけで
喜んでくれる人に囲まれています。正直言って幸せです。

 

こんな経験をした僕だからこそ
伝えられる事があると思うのです。


「大丈夫。どんだけ怖くても恐ろしくても案外大丈夫だから。」

僕が言うと、少し聞こえが違うんじゃないかな。
そんなことを僕は思っています。笑


上京。起業。なんやかんやで2年経って今に至る。


そこからはもうめまぐるしく状況が変わっていきました。

たまたまツイッターでネットビジネスの勧誘が来て
営業の人が新宿からわざわざ会いに来たので
32万円をえいっ!と払いました。
タイミングが良過ぎたので、何かの縁だと思ったからです。
 

後日ブログでビジネスをするための教材が家に届きました。
詐欺じゃなかった!すごい!」とテンションが上がったので
とりあえず言われたまま一生懸命ブログを書いていたら
2ヶ月で数万円の売り上が出ました。

 

「教材だけ見て電話で教えてもらうのも限界だな・・・」
そう思って日雇いの仕事を知り合いに紹介してもらい
10日で10万円を稼いで
キャリーケース一つで新宿に飛びました。

 

人の家を居候しながら直接ブログのことを学びました。
生まれて初めて商売を経験しました。
初めての東京生活は刺激が多く、毎日ワクワクしたのを覚えています。

 

色々な人と出会いながら
自分は今起業家という立ち位置にいるんだ!ということに
気がつきました。
(本当にふとした瞬間に気がついたんです。笑)

 

だったら言われるがままに作ったブログよりも
本当に自分が価値に感じているもので起業がしたいと思いました。
(当時は言われるがままベンチプレスのブログを書いていました)

 

そうして始めたコーチング。
当初から僕のスタンスは変わりません。


『僕が対話を通して提供するものを
わかりやすく言うとコーチングという表現が近い』

そんな定義で、僕にしかできないコーチングを提供して来ました。



僕がコーチングを始めたせいで
ビジネススクール(ブログ教えてくれたところ)ともめてしまい
そこからは自分で組織を作ったりしてここまでやって来ました。

 

地元から幼なじみを連れて来て一緒に組織を立ち上げたり。
組織のメンバーが増えたり減ったり。
地元で結婚式を挙げて、嫁さんを東京に連れてきたり。

 

いろんなことを経験して、やっと今に至ります。
長い長い自己紹介を読んでくださって、本当にありがとうございます。
僕はこんな経歴の人間です。

少しは伝えられたかな?と思います。

僕がこのブログで伝えたいことは、たった一つです。

長い長い自己紹介をここまで読んでくださって
本当にありがとうございます。

 

僕がこのブログを通じて。
僕の活動を通じて。

伝えたいことは、たった一つです。

人生は、自分で、選べる。

 

 

自分の行きたい方に、進みたい方に。
誰がなんと言おうと行こうじゃないですか。
進もうじゃないですか。
 

僕は絶対無理だって思ってました。
自分で選ぶなんて今更恐ろしくてできないって思ってました。
自分で自分の人生を切り開くなんて考えたこともありませんでした

 

でも、できたんです。
おそろしかったけど、身がすくみ上がりそうだったけど。

 

本当の想いが言葉になれば、勇気が湧いて来たんです。
だから、あなたにもきっとできます。

何度でも言います。人生は選べます。

 

僕はこの2年間、27人の方と長期の契約をもらって
対話を通じてライフコーチング提供してきました。
 

みなさんそれぞれ、道は違えど自分の人生を歩まれています。
うまくいっている人も今現段階でつまづいている人もいます。

 

すでに脚光を浴びている人もいます。
収入が増えた人や就職先が決まった人もいます。
そうでない人ももちろんいます。

 

それでも!
みなさん自分が行きたいと思った方向に向かって
一歩一歩歩いています。
自分の人生を自分の意思で歩いています。

 

僕はコーチングについて認定資格も何も持っていません。
学問として納めたわけでもありません。
出身のスクールもありません。

ただ、コーチの言葉を肌で感じて、自分の意思で言葉にして、
自分にできることで相手の人生の役に経とうとして来た結果が
今の僕なんです。

 

だから、僕はライフコーチ 倉田ではなくて
ライフコーチングをするおはなし屋さん、なんです。

 

僕には僕にしかできないことで
これからも役に立っていきたいと思っています。

 

 

最後まで読んでくださったあなたへ


最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
今、どんな気持ちでこの文章を読んでいるでしょうか?

 

書いている僕は、もうへとへとです。笑
この1記事を書き上げるのに、丸一日かかりました。

書いては、消して。消してはノートに色々メモを走り書きして。
ブログで僕に興味を持ってくれた人に、僕の想いを知ってもらえるように。

 

思いを知ってもらえた上で、僕がお役に立てるのならば。
もし僕にしかできない事でお役に立てるのならば。

ぜひ連絡をください。
ぜひ相談してください。
ぜひ会いに来てください。

 

僕は僕らしさ貢献できる人に
貢献して生きていくと心に決めています。
 

このブログを通して、僕らしさを求めてくれる人と
出会うことができたら本当に嬉しいなって思います。

ここまで長い文章を読んでいただいて本当にありがとうございました。

「面白かった!」「自分も何かできそうだって思った!」

「こんなことを相談してみたい!」など感想がございましたら

LINE@を登録していただき、直接メッセージを送ってください。

必ず返信します。お悩みの相談や質問にも必ずお答えします。

一度きりの自分の人生、自分で選んで
楽しんで生きていきましょう!






このブログを書いている人

倉田直人(くらたなおと)

報われない頑張り屋さんを応援するメンタルコーチ。


『他人と比較する生き方から、自分の世界観を突き進む生き方へ』をテーマに対話を提供する。元セミプロのアスリート。選手をやめてから、日払いで稼いだ10万円を握りしめ上京。コーチとして起業をし、東京での生活も3年目。
どうせやるなら、うまくいった方がええやんね。
詳しいプロフィールはこちら


LINE@友達募集中です!
ブログを更新するたびに通知をお送りしています。
おはなし会の連絡や、窓口として運用しています。

登録は↓をクリック!
(ID検索はyxv8045gで検索)

僕のライフコーチングについてはこちらのページにも詳しく載せています。
お問い合わせや申し込みはこちらからお願いします。

タイトルとURLをコピーしました